健康については色々ありますが……

お薬、アルコール、合成発色剤を始めとした食品添加物等を分解し、無毒化する機能を解毒と呼び、肝臓の果たしている主要な活動の一つと言えるでしょう。

ライブのおこなわれる会場やクラブなどに置かれている大音量スピーカーの真横で爆音を浴び続けて耳が聞こえづらくなることを「急性音響外傷(きゅうせいおんきょうがいしょう)」と呼んでいるのです。

侮ってはいけないインフルエンザに適した予防方法や治療法等必ず行う措置そのものは、それが例え季節性インフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザでも同じなのです。

メタボであるとは言われなかったとしても、臓器の脂肪が蓄積してしまう性質の悪い体重過多を持っている事で、様々な生活習慣病を誘引しやすくなります。

ピリドキシンには、あのアミノ酸をクレブス回路と呼ばれるエネルギー源を活用するのに必要となる回路に組み込むため、一層化学分解するのを助長する働きもあるのです。

通行中の交通事故や屋根からの転落など、とても大きな力がかかった場合は、複数のポイントに骨折が生じてしまったり、開放骨折になってしまったり、酷くなると内臓が損傷することもあり得ます。

ともすると「ストレス」というのは、「無くすべき」「除外すべきもの」ものと思いがちですが、実のところ、私たち人は色々なストレスを抱えるからこそ、生き続けることに耐えられるようになっています。

胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、食生活が欧米化したことに加えて喫煙する事・嗜好品・脂肪過多等の生活習慣が乱れたこと、ストレスなどに縁り、ここ数年日本人に増加している病気の一種です。

酒類に含まれるアルコールをクラッキングする効果のあるナイアシンは、ゆううつな宿酔に大変有効です。苦しい宿酔の根源物質とされるエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の無毒化に携わっているのです。

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康体にも症状が出現することがあるので珍しい病気ではないといわれていますが、同じような発作が繰り返してみられる場合は危険だといえるでしょう。

パソコンモニターの光のチラつきを軽減させる効果のある眼鏡が今人気を集める理由は、疲れ目の手当にたくさんの方々が苦心しているからだといえます。

物を食べるという行動は、食物を気軽に口へ運んで数十回咀嚼して嚥下するだけだが、そのあと人体はまことにまめに動き食物を体に取り入れるよう努力しているのだ。

冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科的な施術ではほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」とグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス移植手術」の2種の手術の方法が一般的に実施されています。

お年寄りや慢性疾患を持っている人などは、殊更肺炎を発症しやすく治療が長引くという傾向があるため、予防策の徹底や早めの受診が重要なのです。

暗い所だと光不足によりものが見づらくなりますが、より瞳孔が開くので、レンズのピントを合わせるのに余分なパワーが消費されてしまい、光の入る場所でものを見るより疲れやすいです。

「肝臓の機能の低下」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなど3種類の値でモニターできますが、最近では肝機能が衰退している現代人の数が増加しているということが危険視されています。

2005年2月1日から特定保健用食品(とくていほけんようしょくひん)の入れ物には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の文章の記述が食品メーカーに義務付けられている。

食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(スタフィロコッカス)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、毒力が極めて強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒の脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つに分けることができるのです。

陰金田虫は20~30代の比較的若い男性に患者が多く、基本的には股間部だけに広がり、体を動かしたり、入浴後のように身体が温まった時に強い掻痒感を招きます。

日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、4~5日ちゃんと服薬すれば、大抵、8割~9割の患者さんの自覚症状は消えてなくなりますが、イコール食道の粘膜のダメージや炎症が引いたとは言い切れないので留意してください。

鍼を刺してもらう、という物的な無数の刺激が、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスと言われる要は電気信号の化学伝達を発生させると言われているのです。

下腹の疼痛をよく起こす疾患には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、卵巣の疾患などがよくみられるでしょう。

ヒトの耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3種類に分類されますが、中耳の辺りに黴菌やウィルスが付着して炎症が発生したり、体液が滞留する病気を中耳炎と言うのです。

花粉症というのは、山の杉や檜、蓬などの木や草の花粉がアレルゲンとなって、クシャミ・目の痒み・喉の痛み・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を発症させる病気として知られています。

ただの捻挫と自己判断し、湿布を貼って包帯やテーピングなどで動かないように固定し、そのまま様子をうかがうのではなく、応急処置を施してからすかさず整形外科へ向かうことが、快癒への近道だといえるのです。

ポリフェノール最大の特長は水溶性のV.C.(ビタミンC)やトコフェロール(ビタミンE)性質が違い、細胞間の水溶性の部分や脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化を防ぐ効果に優れているのです。

薬、酒に含まれるアルコール、合成発色剤を始めとした食品添加物等の成分を酵素によって分解し、無毒化する機能の事を解毒と呼んでおり、多機能な肝臓が担っている非常に重要な務めのひとつです。

むねやけが主訴である逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことや喫煙・酒類・肥満といったライフスタイルの質の低下、ストレスなどに縁って、殊更日本人に多く発症している疾患の一種です。

H17年2月より新しく特保(トクホ)の入れ物において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の注意喚起のコピーの明記が各メーカーに義務付けられている。

胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な施術としては大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング」と「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス術(CABG)」という2つの治療がよく活用されています。

何か物を食べる時は、食べようと考えた物を気軽に口に入れたら数回咀嚼して飲み込むだけに思われがちだが、その後も身体は実にまめに働いて異物を人体に取り込むよう努力している。

内臓脂肪症候群とは言われていなかったとしても、臓器に脂肪が付着する類の悪質な体重過多を抱えてしまうことに縁って、命にかかわるような生活習慣病を誘引する可能性が高まります。

日本における結核への対策は、長年、昭和26年に施行された「結核予防法」にならって行われてきましたが、半世紀が経過した平成19年からは数多くある他の感染症と同じように「感染症法」という名の法律に基づいて遂行されることが決定しました。

胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、4~5日くらいちゃんとお薬を飲めば、原則、約90%の患者さんの自覚症状は消えますが、とはいえ食道の粘膜の炎症そのものが快癒したわけではないので気を付けましょう。

食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)は紫色に染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒力が極めて強大な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒素のきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種があるのです。

肥満の状態は大前提として食生活の習慣や栄養バランス、運動不足などが誘因ですが、同じボリュームのごはんであれ、短時間で食べ終わる「早食い」をすることにより肥満の状態を招きやすくなると言われています。

HIV(human immunodeficiency virus)を有している血液や精液の他、母乳、腟分泌液等のあらゆる体液が、交渉相手や看病する人などの粘膜や傷口等に触れた場合、HIV感染のリスクが大きくなります。

寝姿を見ることで、本人がセラピーキャットのことをとても愛おしいと感じると「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌された結果、ストレスを軽くしたりヒーリングなどに結びついているのです。

ストレスがかかり、蓄積してしまう構造や、手軽で有用なストレスのケア方法など、ストレスの正しい知識を保有している人は、現時点ではまだ多くないようです。

肝臓をいつまでも健康にキープするには、肝臓の解毒する力が衰退しないようにする、要するに肝臓の老化を食い止める対策を開始することが効果的だと言われています。

開放骨折により酷く出血した場合に、急に低血圧となって眩冒やふらつき、体が急速に冷えるように感じる冷や汗、吐き気、意識消失発作などの様々な脳貧血の症状が出現する時もあります。

ハーバード医科大学(HMS)の調査結果によれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2~3杯のカフェイン抜きのコーヒーで代用すると、直腸ガン危険性を5割も減少させることができたのだ。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康でも起こることがあるため深刻な病気ではありませんが、発作が数回に渡って相次いで発生するケースは危ないといえます。

人の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに分けられますが、この中耳の辺りに細菌やウィルスがうつって炎症ができたり、体液が滞留する症状を中耳炎と称しているのです。

消化器科の領域である急性腸炎は、大方は腹痛・悪心・腹下しの症状が出る程度ですが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合はひどい腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に38℃以上の高熱も出るのが違いです。

まず間違いなく水虫といえば足を思い浮かべ、特に足指の間に発症する病気だと思われがちですが、白癬菌が感染する部位は足に限定されているわけではなく、体のありとあらゆる部位に感染してしまうという恐れがあるので気を付けましょう。

前立腺は活動や成長にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンがとても密に関係し、前立腺に発現したガンも同様、アンドロゲン(雄性ホルモン)の機能によって成長してしまいます。

1回永久歯の表面を保護しているエナメル質を脆くさせるほど酷くなってしまった歯周病は、あわよくば症状そのものが落ち着いたとしても、なくなった骨が元の量になることはないでしょう。

折り目正しい穏やかな生活の継続、食べ過ぎないこと、持続可能な運動や体操等、一見アナログともいえる健康に対する注意点がお肌の老化防止にも関わっているのです。

現在のオペ室には、手洗い場や器械室(apparatus room )、手術準備室を作り、手術中に患者を撮影できるX線装置を用意するか、そうでなければ側にX線装置のための専門室を併設するのが常識だ。

下腹部の激しい痛みの元凶となる病には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、腹部外傷や消化器疾患が原因で起こる急性腹膜炎、子宮の疾患等が挙がるようです。

メタボリックシンドロームであるとは言われなくても、内臓脂肪が多く付く型の悪質な体重過多を抱えてしまうことにより、命にかかわるような生活習慣病を発症する可能性が高まります。

杉花粉症などの症状(鼻みず、酷い鼻づまり、連発するクシャミ等)のために夜間しっかり眠れない場合、そのために慢性的な睡眠不足に陥り、次の日起床してからの活動に思わしくないダメージを及ぼすことも考えられます。

規則正しい穏やかな暮らしの維持、満腹になるまで食べないこと、楽しいスポーツや体操など、アナログとも言える自分の健康への考え方が肌のアンチエイジングにも活用されるのです。

必要な栄養を網羅した食生活やスポーツはもちろんのこと、身体の健康や美のために、目当ての栄養を補うために色々な成分のサプリメントを利用する事が普通になったようなのです。

AED(Automated External Defibrillator)は医療従事者ではない方でも使用可能な医療機器で、AEDからの音声ガイダンスに沿って行動することで、心臓が細かく震える心室細動の応急処置の効果をもたらします。

ヒトの耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に大別することができますが、中耳のところに様々な細菌やウィルスなどが付着し、炎症が誘発されたり、液体が溜まる病を中耳炎と言います。

ハーバード医大(HMS)の調査結果によると、通常のコーヒーと比較して1日あたり2杯以上はカフェインレスコーヒーを代用することで、直腸癌の発症率を約52%減らせたということが明らかになっている。

骨を折ったことによりかなり出血した状態では、急に低血圧となって眩冒やふらつき、体が急速に冷えるように感じる冷や汗、悪心、座っていても起こる気絶などの不快な脳貧血症状があらわれるケースもよくあります。

めまいが起こらず、不快な耳鳴りと難聴の症状を何度も発症するパターンのことを区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メニエール氏)病」という名前で呼ぶケースがあるそうです。

ピリドキシンには、アミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれているエネルギー源を燃やすのに必要となる重要な回路に入れるためにもう一度分解させるのを促進するという動きもあります。

ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が切れてしまった後に購入できる、新薬と同一の成分で経済的負担を低くできる(薬の代金が少額の)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に存在している血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が壊れてしまうことから、あろうことか膵臓からインスリンが血糖値を正常に保てるほどは分泌されなくなることによって発症に至る生活習慣とは無関係の糖尿病です。

乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンに代わり、2012年9月1日から正式に定期接種として導入されるため、集団接種ではなく医療機関で接種するという個別接種の形になりましたのでご注意ください。

緊張型頭痛というものはデスクワークなどでの肩こり、首凝りから生じる患者数が多い頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような強烈な痛み」「重いような鈍い頭痛」と表現されることが多いようです。

花粉症というのは、多く植えられているスギやヒノキ、ブタクサなどの飛散するタイプの花粉が元凶となって、クシャミ・目や皮膚の痒み・鼻づまり・鼻みずなどの憂うつなアレルギー症状を引き起こす病気なのです。

普通では骨折はしない程度の弱い圧力でも、骨の限られたポイントに繰り返していつまでもかかってしまうことにより、骨折してしまうことがあるので注意が必要です。

UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いので大気中に存在するオゾン層を通過する際に一部分が吸収されますが、地表に達したUV-Bは肌の表皮の内側で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を壊したりして、皮膚に悪い影響をもたらすと言われています。

生殖器である前立腺はその活動や成長に雄性ホルモンが大きく関係していて、前立腺に発生してしまったがんも同様、アンドロゲンの働きを受けて大きくなります。

栄養バランスの取れた食事や体を動かすことは当然のことながら、健康増進やビューティーアップのために、食事とは別に様々なサプリメントを使用する事がおかしくなくなりました。

バイキンやウィルスなどの病気を齎す病原微生物、即ち病原体が口から肺へ侵入して発症してしまい、片方もしくは両方の肺が炎症反応を呈示している様を「肺炎」と呼ぶのです。

ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が無効になってしまった後に売られる、まったく同じ成分で負担分の小さい(クスリ代が高価ではない)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。

針を刺してもらう、というダイレクトな無数の刺激は、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスという名の要は電気信号伝達を引き起こすのではないかという見解が広まっています。

杉花粉症などの病状(鼻みず、鼻づまり、くしゃみ等)のせいで夜よく眠れないと、それが要因で慢性的な睡眠不足となり、次の日の業務の遂行に悪いダメージを与えるかもしれないのです。

アメリカやヨーロッパでは、新しい薬の特許が満了した30日後、市場のおよそ80%がジェネリック(ジェネリック医薬品)に取って代わるという薬もあるというくらい、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は世界に採用されています。

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、最も患者数の多い中耳炎で比較的小さな子供によく起こる病気です。耳の痛みや38度以上の発熱、ひどい鼓膜の腫れ、膿が流れる耳漏などの耳の症状がみられます。

BMIを求める計算式はどこの国も共通ですが、BMI値の評価基準は国によってそれぞれ違っており、(社)日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22を標準体重とし、25以上の場合だと肥満、18.5未満は低体重と定義しています。

普通は水虫は足、中でも足の裏や指の間にみられる皮膚病として認知されていますが、原因菌である白癬菌が感染する場所は足に限定されているわけではなく、全身どの部位にも感染してしまうという恐れがあります。

平成17年以後新たにトクホ(特保)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意を促す一文のプリントが義務となっている。

ピリドキシンには、多種多様なアミノ酸をクエン酸回路と呼ばれるエネルギーの代謝のために欠かせない回路へ組み込ませるため、再び化学分解することを助長する動きもあります。

クシャミや鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロする感覚などの花粉症の代表的な症状は、アレルギーを誘発する花粉の飛び散っている量に追従して悪くなってしまうデータがあるのです。

AIDS(エイズ)とはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって引き起こされるウイルス感染症であり、免疫不全を起こして些細な病原体が原因の日和見感染や癌等を発病してしまう症候群そのものの事を指しているのです。

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、体の中の脂肪の溜まっている%を指しており、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(body weight、キロ)×100」というシンプルな計算式で確認できます。

基礎代謝量というものは就寝中ではなく覚醒状態で生命を保っていく(心臓の鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の機能、体温や筋緊張の維持等)ために外せない最低限のエネルギー消費量のことを指します。

お年寄りや慢性疾患を患っている方は、目立って肺炎に罹りやすく治りにくいという傾向が見られるため、予防策の徹底や早め早めの手当が大事なのです。

触れあいなどで、人間がセラピードッグのことを愛おしいと感じた時に「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレスを低減したり心のヒーリングなどに結びつくのです。

BMI(体重指数を計算する式はどの国でも同じですが、数値の評価基準は国家ごとに違っており、日本肥満学会(JASSO)ではBMI22であれば標準体重とし、BMI25以上の場合だと肥満、BMI18.5未満の場合を低体重と定義付けています。

骨を折って大量に出血してしまった場合、急に低血圧となって眩冒や冷や汗、嘔吐感、座っていても起こる失神などのいろんな脳貧血の症状が出てくることがあります。

虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な施術としては大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」もしくは「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス移植手術」の2つの治療方法が標準的に利用されています。

HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを持つ血液や精液のほか、母乳、腟分泌液等の様々な体液が、交渉相手などの傷口や粘膜等に触れた場合、感染のリスクがあるのです。

通行中の交通事故や建築現場での転落事故など、かなり大きな圧力が身体にかかった場合は、複数の場所に骨折が発生してしまったり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、重症の時は内臓破裂することもあるのです。

よく耳にする心筋梗塞というのは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管内が細くなってしまい、血流が止まり、酸素や様々な栄養が心筋まで配達されず、筋繊維が死ぬという大変危険な病気です。

ちょっとした捻挫だと自己判断してしまい、包帯やテーピングなどで動かないように固定し、様子をうかがうよりも、応急処置を済ませてから迅速に整形外科でレントゲンを撮ることが、結局は根治への近道に繋がるのです。

ハーバード・メディカルスクールの調査結果によれば、通常のコーヒーと比較して毎日2~3杯のデカフェコーヒーで代用すると、なんと直腸癌の発症する確率を半分以上は減らせたとのことだ。

UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いのでオゾン層を通る際に一部が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-B波は肌の表皮の内側で細胞のDNA(遺伝情報)を破損させるなど、皮膚に悪い影響をもたらすことになります。

まず間違いなく水虫といえば足を想像し、こと足の裏に発症する病気だと捉えられていますが、白癬菌がうつるのは決して足だけではないので、全身どの部位にもかかってしまう危険性があるのです。

インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と呼んでおり、カビの仲間である白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、お尻などの場所に何らかの理由で感染し、定着してしまう病気のことで水虫のことなのです。

人間の耳の内部構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに分類されますが、この中耳のところに細菌やウィルスが付着し、炎症が誘発されたり、液体が滞留する病気を中耳炎と称しています。

気分障害の一種であるうつ病は脳の中の神経伝達物質であるセロトニンが足りず、不眠、気分の落ち込み、著しい倦怠感、疲労感、食欲低下、体重減少焦燥感、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症の場合自殺企図などの危険な症状が出現します。

悪性腫瘍である卵巣ガンは、正常なら人の体を癌にさせない役割を果たす物質を作出するための金型のような遺伝子の不具合が原因で罹患するというのは周知の事実です。

エイズウイルス(HIV)を保有している血液、精液を始め、母乳、腟分泌液、唾液といったあらゆる体液が、看病する人などの粘膜や傷口などに接触すれば、感染する可能性が大きくなります。

世間では水虫といえば足をイメージし、中でも足の裏や指の間にみられる病気だと間違えられやすいのですが、白癬菌がうつるのは足だけではないので、体のありとあらゆる部位にかかる恐れがあります。

ピリドキシンは、様々なアミノ酸をTCA回路と呼ばれているエネルギーの代謝のために必要となる回路へ組み込むため、再びクラッキングさせるのを促すという機能もあります。

脳卒中のくも膜下出血は80%以上が脳動脈瘤と言われる脳の血管の不要なコブが裂ける事でなる死亡率の高い病気なのです。

老化が原因の耳の聞こえ辛さではゆっくりと聴力が低下していきますが、普通還暦を超えてからでないと耳の衰退をきちんと自覚できないものです。

子どもの耳管の仕組みは、大人のそれに比べて幅があり短めの形状で、又ほぼ水平になっているため、様々な細菌が侵入しやすくなっているのです。大人より子どもの方が急性中耳炎に罹りやすいのは、このためだと言われています。

グラスファイバーで作られたギプスは、非常に強くて軽量なのに長期間の使用に耐えることができ、雨などで濡れても使用できるというメリットがあり、いまのギプスの定番と言っても過言ではありません。

人の耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3つに分けることができますが、この中耳のところにばい菌やウィルスがくっ付いて炎症が起こったり、液体が滞留する病気を中耳炎と呼びます。

最も大きな臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝(fatty liver)は、糖尿病を筆頭に多くの健康障害の誘因となる恐れがあることをご存知でしょうか。

ポリフェノールで最も有名な特性は水溶性のL-アスコルビン酸や脂溶性のビタミンEなどとは性質が違い、細胞の間の水溶性部分や脂溶性部分、そして細胞膜でも抗酸化作用を持っています。

2005年(H17)年以後新しく全ての特定保健用食品の入れ物には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった一文の記載が食品メーカーに義務付けられている。

汗疱(汗疱状湿疹)は掌や足の裏、または指の隙間などにプツプツとした小さな水疱が現れる病気で、大抵はあせもと呼ばれており、足の裏に出てくると水虫と思い込まれるケースもままあります。

ブラッシングなどで、要介護者がセラピーキャットをとても可愛いと感じることによって「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌されれば、ストレス軽減や心の癒しに結びつきます。

冠動脈の異常である狭心症の外科治療としては大方の病院で「大動脈バルーンパンピング」と「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス術(CABG)」という二者の技法が一般的に扱われています。

インキンタムシ(陰金田虫)という病気は比較的若い男性に多く見られる傾向があって、ほとんどのケースでは股間の周辺だけに広がり、激しく運動したり、風呂上りのように体が温まった時に強いかゆみを起こします。

予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って使用されてきた生ワクチンに替わり、平成24年9月1日から予防接種法で接種が推奨されている定期接種となることによって、集団接種ではなく小児科などの医療機関で接種するという個別接種のスタイル

食中毒を起こすことのあるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒力が極めて強烈な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒力が強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)に分けられるのです。

暗い所だと光量が足りなくて見るのが難しくなりますが、より瞳孔が開くので、眼のレンズのピントを合わせるのに余計なパワーがかかり、明るい場所でものを見るより疲労がおおきくなります。

内臓に脂肪が多い肥満が確認され、脂質(lipid)、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2個以上当て嵌まるケースのことを、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と名付けました。

普通は水虫といえば足を想像し、特に足指の間に現れる病気だという認識が広まっていますが、白癬菌にかかる場所は足だけに留まらず、全身どこにでも感染するという可能性があるので注意してください。

自動体外式除細動器(AED)は医療資格を保有していない普通の人にも使う事のできる医療機器で、本体から流れる音声ガイダンスに従って使うことで、心臓が小刻みに振動する心室細動に対する処置の効果をもたらします。

脚気(かっけ)の症状は、手や足が麻痺したり下肢の浮腫などが典型で、病状が進むと、深刻な場合、心不全を起こす可能性があるそうです。

エネルギーの源として瞬時に役立つ糖質、人の新陳代謝に必要となるタンパク質など、過度の痩身ではこの体調を整えるために外せない栄養素までもを減少させてしまっている。

ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が失われてしまった後に購入できる、新薬とまったく同一の成分で経済的な負荷を下げられる(代金の廉価な)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。

脳内の5-HT神経は、自律神経のバランスの調整や痛みを鎮圧し、あらゆる覚醒現象などを操作していて、鬱病の方は働きが低減していることが判明しているのだ。

普段から横向きの状態でテレビ画面を見ていたり、テーブルの上で頬杖をついたり、踵の高い靴などをよく履いたりといった癖や習慣は身体の左右の均衡を悪くしてしまう因子になります。

男性だけにある内臓の前立腺はその生育や働きにアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)がとても大きく関係していて、前立腺に出現したガンも同じように、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの影響で肥大化します。

体重過多に陥っている肥満は言うまでもなく食生活の質や運動不足が素因ですが、量が等しい食事をとっていても、短時間で終了する「早食い」を続けていれば脂肪過多に陥っている肥満の状態を招きやすくなるということが明らかになっています。

クモ膜下出血はそのほとんどが脳動脈りゅうという脳内の血管にできるコブが裂ける事によって罹患する恐ろしい病気として認識されています。

耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、当事者にしか聞こえないという「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように他の人にも高性能のマイクロホンなどを利用したりすると響いてくるタイプの「他覚的耳鳴り」とがあるのです。

ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が無効になった後に購入できて、新薬とまったく同じ成分で金銭的な負担の小さな(薬の価格の高くない)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。

最も大きな臓器である肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが付着した状態の脂肪肝(しぼうかん)という病気は、動脈硬化や狭心症といった多様な病をもたらす恐れがあることをご存知でしょうか。

塩分と脂肪分の摂り過ぎをやめて簡単な運動に励むだけでなく、ストレスを蓄積しすぎないような日常生活を続けることが狭心症を招く動脈硬化を事前に防ぐコツだといえます。

「肝機能の悪化」については、血液検査のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等の数値でモニターできますが、特にここ数年肝機能が衰えている人数が微増しているとのことです。

日々繰り返される規則正しい日常生活、腹八分目の徹底、適切なスポーツや体操など、古典的とも言える体への取り組みが老化対策にも関係するということです。

もしも血液検査でやはり卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が足りず早発閉経(early menopause)だと判明したら、足りていない分の女性ホルモンを足すような手当などで改善が期待できます。

クシャミや鼻水、鼻づまりに目のかゆみ・異物が入っているような感じなどの花粉症の嫌な症状は、アレルギーの原因となる花粉の飛散量の多さに比例したように悪化してしまう傾向があるということです。

AIDSとはヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染が原因となって罹患するウイルス感染症の病名であって、免疫不全を引き起こし些細な細菌などが原因の日和見感染や癌等を発症してしまう病状全般を称します。

杉の花粉が飛ぶ時に、子どもが平熱なのに頻繁にくしゃみをしたり鼻水が止まってくれない状態だったなら、その子は杉花粉症の可能性があります。

内臓が脂肪過多になっている肥満があった上で、脂質(ししつ、lipid)、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖のうち2項目か3項目全てに合致する健康状態を、内臓脂肪症候群というのです。

常在細菌の一種であるブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)は紫に染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒が極めて強烈な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と一方は毒が低いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種に分けられるのです。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、病気でなくても起こることがあるためさほど深刻な心臓の障害とは限らないのですが、発作が数回相次いで起こる時は危ない状態です。

急に発症する急性腸炎は、普通は腹痛・悪心・嘔吐・下痢に見舞われる位で済みますが、細菌感染による急性腸炎の場合は壮絶な腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に38℃以上の高熱も出るのが相違点です。

自分では骨が折れているのかどうか区別がつかない場合は、負傷してしまった部位にある骨を注意しながら触ってみて、もしその部位に強い痛みが走れば骨折の疑いがあります。

基礎代謝量(kcal)は睡眠中ではない状態で命を保つ(心臓、鼻からの呼吸、腎機能の動き、体温や筋肉の緊張の保持など)ために要る基本的なエネルギー消費量のことを指しています。

はりを患部に刺す、という物的な多数の刺激が、神経細胞を興奮させて、神経インパルスと呼ばれているいわば電気信号の化学伝達を誘発するという見解が広まっています。

脳卒中のくも膜下出血はほとんどが「脳動脈りゅう」という血管にできる不要なコブが破裂して脳内出血することにより起こる命にかかわる深刻な病気として知られています。

ポリフェノール最大の機能は水溶性のビタミンCやトコフェロール(ビタミンE)違っており、細胞と細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化しにくくする効果に優れています。

HIV(human immunodeficiency virus)を有している精液や血液のほか、母乳や腟分泌液といった様々な体液が、乳飲み子などの傷口や粘膜部分等に触れた場合、感染のリスクが高くなります。

「あまりにも多忙だ」「気を遣う様々なお付き合いが嫌で仕方がない」「あらゆる技術や情報の著しい高度化に付いていくのが大変」など、ストレスを感じてしまう元凶はみんな異なります。

腰などが痛むヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の間でクッションのような役目を担っている椎間板という名の円形の線維軟骨が突出してしまった様子を表します。

基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が動かなくても燃える熱量であり、その5割以上を体中の骨格筋・内臓の中で最も大きな肝臓・多量の糖質を消費する脳が使っていると考えられています。

グラスファイバーで製造されたギプスは、非常に強靭で軽量なのに長期間の使用に耐えることができ、シャワーなどで濡れても使えるという長所があるため、今の日本のギプスの定番製品と言われています。

多くの人に水虫といえば足を思い浮かべ、こと足の裏に発症する皮膚病として知られていますが、白癬菌にかかる場所は決して足しかないわけではなく、人の体ならどの部分にもうつるという可能性があるので注意してください。

毎日の折り目正しい日常生活の維持、暴飲暴食を控えること、軽い体操など、古臭いとも言える自分の体への配慮が皮膚のアンチエイジングにも関係するということです。

陰金田虫(インキンタムシ)は20~30代の男の人患者が多く、基本的には股間部にだけ広がり、運動をしたり、お風呂上りのように体が温まった時に強いかゆみを引き起こします。

ストレスがかかり、蓄積していく構図や、手軽で効果的なストレス対処策など、ストレスにまつわる正確な知識を勉強している人は、現時点ではさほど多くはありません。

気分障害のうつ病では副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が不足した結果、不眠、憂うつ感、強い疲労感、食欲不振、5kg以上の体重減少、焦燥感、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図などの辛い症状が現れるのです。

ビタミン欠乏症である脚気の症状は、四肢が何も感じなくなったり脚の著しいむくみなどがよく起こり、病状が進行すると、最も重症のケースでは呼吸困難に至る心不全なども起こす可能性があるのです。

インキンタムシ(陰金田虫)というのは、正式には股部白癬(こぶはくせん)と称されている、白癬菌というカビの一種が股間や陰嚢、尻などの部位に何らかの理由で感染し、棲みつく感染症のことで俗に言う水虫のことなのです。

何か物を食べる時は、食べたい物を気軽に口へ入れたら幾度か噛んで嚥下するだけだが、その後も人体は実に律儀に機能して食物を身体に取り込むよう努力している。

ストレスが溜まっていくプロセスや、有用なストレスのケア方法など、ストレスについて細かい知識を勉強しようとする人は、そんなに多くはありません。

アメリカやEU圏では、新しい薬の特許が満了してから約30日後、製薬市場のおよそ割が後発医薬品に替わるような飲み薬もあるほど、ジェネリックは世界に浸透しているという現実があります。

内臓脂肪の多い肥満があり、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分摂取などが関係している「高血圧」、高血糖(こうけっとう)のうち2項目以上合致するような状態を、メタボというのです。

栄養バランスのいい食生活や適切な運動は言わずもがな、肉体面と精神面の健康や美を目的とし、食事とは別に数種類のサプリメントを飲用する事が常識的になっています。

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、身体の中の脂肪の溜まっている比率のことを言い、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(weight、kg )×100」という式によって弾きだせます。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、病気ではなくても症状が現れることがあるため急を要する重病ではないにせよ、短い期間で発作が続けて起きるケースは危ないのです。

脂漏性皮膚炎という病は皮脂の分泌異常が要因でもたらされる発疹で、皮脂の分泌が乱れる主因としてアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの崩れ、リボフラビンなどビタミンB群の慢性的な不足などが大きいと言われているのです。

塩分と脂肪の摂り過ぎを控えた上で軽い運動に尽力するだけでなく、ストレスを蓄積しすぎない毎日を意識することが狭心症を誘引する動脈硬化を事前に防ぐ方法です。

ピリドキサールには、様々なアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギーの代謝に必要な重要な回路に取り込ませるためになお一層化学分解するのを支える機能もあります。

強い痛みを伴うヘルニアというのは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間に存在する緩衝材に近い役割を持っている椎間板(ツイカンバン)という名称のやわらかい線維軟骨がはみ出してしまった症例の事を称しています。

結核への対策は、昭和26年に施行された「結核予防法」に従う形で実行されてきましたが、2007年から結核以外の感染症とひとくくりにして「感染症法」という名称の法律に従って行われることが決まりました。

ポリフェノール最大の働きは水溶性であるビタミンCや脂溶性のビタミンEなどとは違っていて、細胞間の水溶性部分や脂溶性部分、加えて細胞膜でも抗酸化作用があるそうです。

骨折して多量に出血した際に、急激に血圧が下がって、眩暈や冷や汗、嘔吐感、失神などの色々な脳貧血の症状が引き起こされるケースもよくあります。

くも膜下出血とは90%近くが脳動脈りゅうと呼ばれる血管が変形してできた不要な瘤(コブ)が破裂して脳内出血してしまうことが要因となってなる致死率の高い病気だと多くの人が知っています。

現代のオペ室には、お手洗いや器械室(apparatus room )、手術準備室(operating preparation room)を設けさせ、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を付けるか、そうでなければ側にその専門室を準備するのが常識となっている。

塩分と脂肪分の摂取過多を中止して運動に励み、ストレスの少ないような毎日を続けることが狭心症を起こす動脈硬化を防止する知恵なのです。

急性腸炎(acute enteritis)は、大半が腹痛・吐き気・下痢を伴う程度ですが、細菌感染による腸炎の場合はひどい腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・下痢と一緒に高熱も出るのが見分けるポイントです。

常在細菌であるブドウ球菌(スタフィロコッカス)は紫に染色されるグラム陽性球菌で、毒が極めてきつい黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と一方は毒の微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類に分けることができるのです。

脂漏性皮膚炎というものは皮脂分泌の異常が要因で起こる発疹で、皮脂分泌が乱れる素因としてはアンドロゲンと女性ホルモンのバランスの崩れやV.B.複合体の慢性的な欠乏等が注目されているのです。

ミュージックライブの場内やダンス広場などに設置された大きなスピーカーのすぐ側で大音量を聞いて難聴になる症状を「音響外傷」と言っているのです。

万が一婦人科の検査で残念ながら卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が基準値よりも少なくて早発閉経(早期閉経)だと判明した場合は、足りない女性ホルモンを補う治療方法で良くなります。

ともすると「ストレス」というものは、「溜めてはいけない」「除去しなければいけない」と断定しがちですが、実のところ、私たち人間は多少のストレスを体験するからこそ、生き続けることができます。

亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に働く酵素や、細胞・組織の入れ替わりに関係する酵素など、200種類以上もある酵素を構築する物質として非常に重要なミネラル分なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ